歯周病対策

歯周病対策

日本人の半数、30代以上の80%が「歯周病」にかかっているそうです!

歯周病とは

日本人が歯を失う原因の第一位は「歯周病」だそうです!
日本人の半数、30歳以上の80%がかかっていると言われており、その7~8割が治療せずに放置されているそうです。
「歯周病」とは、歯を支えている骨である「歯槽骨」が溶ける病気です。
痛みが出ることがほとんどないため、気づかないうちに進行してしまうので仕方のない事かもしれません。
予防するのが一番の対策と言えるでしょう。

歯周病 臭い

歯周病になってしまうと、歯茎が下がって歯周ポケットが深くなります。そこに歯垢や歯石が溜まって細菌の巣窟になるため、口臭が強くなるようです。

歯周病の症状は口臭だけではなく、歯の間に食べ物が挟まりやすい、歯磨きをすると歯茎から出血する、冷たい水を飲むと口の中に違和感がある、歯が伸びたように感じる、寝るときに口の中が熱っぽい、などがあげられます。

更年期の女性は骨粗しょう症のリスクが高まるため、歯周病のリスクも高いと言われています。

歯周病 治る 歯磨き粉

歯周病になってしまうと、簡単に治ることはまずないそうです。特に、重度の歯周病だと何をしても治らないとのこと。
溶けてしまった歯や骨を元通りにすることは、現代医学では不可能だそうです。

なので、予防するのが一番です。
初期のうちならば、歯の再石灰化を促す歯磨き剤を使ったり、丁寧に歯ブラシでブラッシングすることで治ったという人もいます。
市販の歯磨き剤だと、「ラカルトニュー5」というものが評判がいいようです。
あとは、デンタルフロスや歯間ブラシで歯の間の歯垢を取り除くことも重要です。
マウスウォッシュなどを使うのもいいでしょう。

歯は健康の要ですから、大切に使って、80歳で20本の歯を維持したいものですね!


[インプラント]安心と信頼の治療

歯周病対策 トップへ戻る