腰痛 座り方

腰痛 座り方

腰の痛みってつらいですよね。 デスクワークの人はずっと座りっぱなしなので、座り方によって改善されるかもしれません。 腰痛にならないために、正しい座り方をしましょう!

腰痛の原因

長時間のデスクワークやパソコン作業は、ストレスを感じやすい仕事ですね。
ストレスがあると体が緊張状態になり、筋肉がこわばってしまいます。その状態が長引けばコリとなり、肩こりや腰痛の原因になります。

パソコンを使った仕事をしている人は、目の疲れからくるコリが原因で腰にくる、という人も多いようです。

また、キーボードやマウスが体から離れていると、腕が前に出るために姿勢が崩れ、腰や背骨にかかる負担が大きくなってしまいます。

姿勢が悪いことが主な原因ですので、正しい姿勢で座ることが大事です。

腰痛にならないための正しい座り方

では、いいのでしょうか?

・椅子に深く腰掛ける

・軽くあごを引き、背筋を伸ばし、お腹に力を入れる

・足がしっかり地面につくように椅子の高さを調整する
⇒椅子の高さを調整できなければ、足置き台などで対応する

・パソコンのモニタは、目の高さの位置よりやや下にし、目線と直角になるようにやや上向きにする
⇒見下ろすようにすることで目の開き具合を少なくでき、目の疲れを軽減します。


足を組むのは骨盤を歪ませる原因となりますのでやめましょう。

椅子に浅く座って背もたれに寄りかかるのは、骨盤が倒れて腰に負担がかかります。
腰が痛いからといってダラダラとした姿勢でいると、余計に悪化させることになってしまいます。
正しい座り方をして腰に負担をかけないようにしましょうね!

レカロシートをカスタマイズ、最高級のオフィスチェア

腰痛 座り方 トップへ戻る